産業保健師に求められる資格は?

産業保健師に求められる資格は?

Q. 産業保健師に求められる資格は?
A. 保健師の国家資格+α

産業保健師に求められる最低限の資格は、保健師の国家資格です。保健師の国家資格を持っている以上、看護師の国家資格も持っているわけですから、それだけで普通に考えれば素晴らしい人材です。しかし、人気のある産業保健師ですし倍率も高いので、確実に就職を決めたいと思うのなら、+αの資格が望まれます。

産業カウンセラーの資格を取ろう!

産業保健師になりたいあなたは、+αの資格として産業カウンセラーの資格をとると良いです。産業カウンセラーは国家資格ではなく、社団法人日本産業カウンセラー協会が運営する民間の資格ですが、産業保健師の就職に有利に働きます。その理由は、
1、 産業カウンセラーはメンタルの相談にのれるスペシャリストの資格
2、 企業の側も社員のメンタルケアを重視し始めている
という事情があるからです。重要な話なので、細かく見ていきましょう。

1、 産業カウンセラーはメンタルの相談にのれるスペシャリストの資格

民間資格ですが、学科と実技試験を通じてカウンセラーとしての実力を認定してくれる、大人気の資格試験です。大学や大学院で心理学などを専攻した人間ならいきなり受験できる試験ですが、バックグランドがない場合は、協会が実施する講義に参加しなければ受験資格すらもらえません。産業カウンセラーの資格を持っていると、就職先企業の社員のメンタルケアまで行なえるようになるので、評価されます。

2、 企業の側も社員のメンタルケアを重視し始めている

現在は8人に1人がうつ状態にあると、製薬会社ファイザーが行なった調査で明らかになりました。NHKスペシャルでも特集された、新型うつという新しい症状も出てきています。企業の側も社員の精神ケアに敏感になっているので、産業保健師に対しては当然、社員のメンタルケアを含めた保健活動を期待しています。そうした背景の中で産業カウンセラーの資格を持っていると大きなアピールになります。

産業カウンセラーの資格を取ろう

看護師、保健師の国家資格に比べれば、産業カウンセラーの試験は難易度が低いといえます。看護師の知識、保健師の知識があれば、産業カウンセラーは充分狙えるので、+αの武器として資格取得に動き出しましょう。>無事に資格を取ったら、ハローワークや日本看護協会が運営するナースセンター、民間企業が運営する転職支援サイトなどを利用して求人を探し、応募して下さい。

保健師求人サイト人気ランキング