産業保健師と産業看護師の違いは?

産業保健師と産業看護師の違いは?

Q.産業保健師と産業看護師の違いは?
A.攻めと待ちの違い

求人票を見ていると、産業保健師と産業看護師という似たような名前の職業で募集がかかっています。産業保健師という職業ですら何をするのか分かりづらいのに、産業看護師となると一層謎めいてきます。
いったい、両者の違いは何なのでしょうか?

産業保健師は攻めの仕事、産業看護師は待ちの仕事

基本的にどちらも、会社員として企業に就職し、その企業の保健室なり医務室で勤務する仕事である点には変わりがありません。しかし、保健師と看護師の役割がそもそも違うように、企業内でも産業保健師と産業看護師の役割は、一部重複しつつも違います。産業保健師は医務室、保健室を飛び出して、積極的に社員の健康を守るキャンペーンを仕掛けます。しかし一方で、産業看護師は心身の不調を訴える社員の訪問を、医務室なり保健室で待ち受けます。もちろん例外的な仕事はいくらでもありますが、基本は以上のような違いで説明が付きます。

保健師はそもそも、健康な人の健康を守る仕事

保健師は、看護師と違って健康な人の健康を守る仕事です。行政保健師なら、その地域に暮らしている住人の健康を守る仕事をします。何か公害の問題があれば積極的に改善に乗り出しますし、地域で健康被害にあっている人がいれば、その問題の解決に乗りだします。産業保健師も一緒です。心身ともに健康な職場生活を全員が送れているか、医務室、保健室を飛び出して見回ります。問題があれば積極的に改善に乗り出しますし、社員が元気に、健やかに仕事が出来る環境づくりを積極的に仕掛けていく仕事です。

看護師は、傷病の回復をアシストする仕事

一方で看護師は、健康の人に対して何かをすると言うよりも、傷病などの問題を抱えている人をアシストする仕事です。病院には傷病のある人しか来ないので、医師と薬剤師と協力し片っ端から看護して回ります。産業看護師の場合は、会社の医務室なり保健室なりに訪れる、傷病で困っている社員をサポートします。産業医師がいれば医師のアシスト、医師がいなければ、医療行為を抜いた範囲で面倒を見ます。バイタルをとったり、市販の薬を服用させたり、メンタルケアをしたりと、色々な看護を行ないます。

産業保健師は、産業看護師の仕事もする

もちろん、産業保健師は、産業看護師の仕事も行ないます。社員の職場環境改善に打って出ながら、一方で医務室なり保健室で、傷病に悩む会社員の面倒も見ます。そのため、保健師の仕事も看護師の仕事もできる保健師は、看護師資格だけの人材よりも企業に採用されやすい傾向があります。保健師なら企業に入るチャンスはいくらでもあります。日本看護協会主催のナースステーションや民間企業が運営する転職支援サイトなどを利用して、どんどん求人を探して下さい。

保健師求人サイト人気ランキング