保健師の転職

保健師の転職活動は難しい?

保健師の方が転職活動を行うのは、決して簡単ではないと言われることがあります。医療業界・福祉業界の中で保健師の方は決して人数比が多くないため、目にすることができる求人数が多くないということがその原因ではないかと思います。

 

もう1つ、保健師の多くが公務員であることも転職活動の難易度を上げているといえます。公務員の採用には年齢制限がありますし、筆記試験にも通らなければなりません。最近は不況の影響を受けて公務員志望の方も多くなっているため、地域によっては倍率が高くなっていることもあります。

 

しかし、保健師の方の転職が全くできない状況ではありません。
企業保健師を中心に、転職を実現されている保健師の方は数多くいらっしゃいます。
企業保健師を求める求人の中には経験豊富な方を特に欲しがっているところもありますので、年齢が若くないからといってあきらめることはありません。大手企業の企業保健師であれば、公務員にかなり近い高待遇を得られることもあります。

 

また、最近は福祉業界で人手が多く求められている状況です。保健師の方も、訪問介護センターといったところでその働きを求められることもあります。こうした業界は、一度退職された方が再就職をされることも多いです。

 

保健センターもそうですが、保健師の方は臨時職員や派遣社員、アルバイトといった形で働く可能性もあります。主婦の方で保健師の資格をもっている方は、そうでない方に比べて再就職は非常に有利となるでしょう。

 

保健師の職は人が集まるところほど需要が多くなるため、非常に地域によって求人数が大きく変わってくる職業でもあります。東京などは多くの保健師が行政・学校・企業とあらゆるところで活躍しています。

 

ただし、どんな地域でも住民の健康増進は各自治体の課題となります。採用枠は1名のみということもありますが、地方都市の保健センターや介護センターなどでも保健師の職が見つかることもあります。

 

保健師の方が転職を考えるなら、転職支援サイトに登録しておき数多くの情報を集めるのが重要となるでしょう。
非公開求人を見る・応募することが可能になるため、求人に関して得られる情報は非常に増えるのではないかと思います。
量をたくさん集めることはもちろん、情報の質・精度を上げるという意味でも転職支援サイトは非常に助けになります。履歴書や面接対策などでもメリットがありますし、転職サイトから受けられるサービスは非常にたくさんありますよ。

保健師求人サイト人気ランキング