保健師のアルバイト

保健師のアルバイトの種類は?

保健師という資格を持っている方の中には、アルバイトとして勤務することを考ええいる方もいるかもしれません。昔は保健師としてフルタイムで活躍していたという方が、結婚や出産を機に退職してしまうということはよくあります。もし保健師という資格を持っているのであれば、その資格をアルバイト・パートとして再就職する際に生かさないのはもったいないことです。

 

多くの保健センターでは、保健師のアルバイトを臨時職員・非常勤職員といった形で募集しています。募集人数は決して多くないでしょうが、非常に大きなチャンスとなるでしょう。

 

保健師のアルバイトは他のアルバイトに比べると賃金がよく、時給1000円以上はほぼ確実に期待できます。地域ごとの最低賃金にもよりますが、一般的なアルバイトと時給が数百円違うのは当たり前になってくるでしょう。

 

また、アルバイトでありながらある程度勤務時間が長いところなら健康保険に加入させてもらえることもあります。被保険者となっていない場合、健康保険に加入できるかどうかは非常に大きな差となってくることもあります。常に保健センターのアルバイトは募集されていないかもしれませんが、定期的にチェックしておくといいでしょう。ハローワークの他、自治体の保健所・福祉関係の部課でこうした情報を見ることができます。

 

民間でも、保健師のアルバイトを募集することはあります。
医療機関などの他、介護関係の職場がシフトのすき間を埋めるために保健師などのスタッフを募集することも多いです。介護関係の場合は休日が土日祝日関係なく、平日になってしまうこともありますので注意したほうがいいでしょう。夜勤ができる方を求めていることもあり、当然深夜手当の分賃金がよくなるので夜勤が可能であればこちらも選択肢になりえます。

 

民間の保健師の募集であれば、保健師の方を対象にした転職支援サイトで多くの職が見つかることもあります。地域によって求人数に差はありますが、都市部であればアルバイトを含め多くの求人案件が見つかるのではないかと思います。医療機関はもちろん、一般企業とも多数のコネクションをもっているサイトを利用するといいでしょう。

 

転職支援サイトでは正社員への転職だけでなく、いろいろな形の転職や再就職にも支援を行っています。派遣社員やアルバイトなど、ライフスタイルに合わせた転職も可能です。アルバイトでも賃金や休日など、条件を絞り込んで転職活動・再就職活動を行うことは十分可能ですよ。

保健師求人サイト人気ランキング