行政保健師の転職を成功させるためには?

行政保健師の転職を成功させるためには?

Q.行政保健師の転職を成功させるためには?
A.嘱託から攻めてみる

行政保健師になりたい保健師の皆さん、恐らく行政保健師こそが、保健師としての花形職業であり、一生を掛けて取り組む価値のある場所だと思っているはずです。一発で地方公務員試験に合格できなかった人もたくさんいます。諦めず、年齢制限のゆるす限り、挑戦しても良いと思います。 ところで、その行政保健師になるために、転職支援サイトは使えるのでしょうか? 結論から言うと、直接的な意味で役には立ちません。しかし、全く意味がないかと言われれば、Noです。むしろ、行政保健師を目指しているあなたにこそ、オススメの使い方があります。

嘱託の行政保健師を、転職支援サイトで探してみよう

行政保健師を目指すあなたが上手に転職支援サイトを利用する方法は1つです。行政保健師の非正規職員枠を紹介してもらえば良いのです。「非正規職員? 私は正規職員が希望なのだけれど」という保健師の皆さん、もちろんです。正規職員でなければ身分は地方公務員ではありません。立場も将来の安定も全く違います。皆さんはあくまで正規の行政保健師、地方公務員の行政保健師を目指してください。
では、なぜ非正規職員枠をオススメするかと言えば、行政保健師を目指すあなたの強力な武器になってくれるからです。

行政保健師の現場経験を、地方公務員試験の2次試験で活かそう

行政保健師の試験では、多くの自治体が2段階のプロセスを設けています。1次試験で筆記を行い、2次試験で面接、小論文、集団面接などを行います。その2次試験で行政保健師の現場経験を語れれば、大きな武器になります。面接官が顔なじみのセンター長や課長になる可能性も出てきます。非正規職員として保健師の仕事にたずさわった経験から、問題点や動機を語れば説得力も持ちます。
行政保健師は倍率が高いです。一発で通れば良いですが、通らなければある意味就職浪人として勉強をしなければいけません。その勉強の最中、アルバイトを兼ねて非正規職員として保健師仕事をするのです。勉強と共に生活費も稼げるので一石二鳥です。

行政保健師の非正規仕事を、転職支援サイトで探そう

ただし、行政保健師の非正規仕事は、定期的に出ません。突発的に出て、突発的に締め切られてしまいます。勉強の最中にそうした細かい情報を把握している時間もないと思います。無料なので転職支援サイトなどに登録して、非正規仕事の求人が出たら教えてもらいましょう。効率の良い時間の過ごし方が可能になります。

保健師求人サイト人気ランキング