感染症/難病対策の行政保健師の仕事

感染症/難病対策の行政保健師の仕事は?

保健師の仕事がどのような仕事かというのがなかなかわからないという人も多いのではないでしょうか?よく看護師と保健師の仕事がどのように違うのかと比べられることが多いですが、保健師と看護師では仕事内容は全くと言っていいほど変わってきます。

 

保健師と看護師の違いを簡単に説明すると看護師は患者の治療のサポートをする仕事、保健師は対象者が病気にならないように様々なサポートする仕事といった感じです。つまり保健師というのは病気にならない為の健康管理を行うのが主な役割ということなのです。そして、保健師は働く場所も病院だけとは限らないというのも特徴の一つです。 病院だけではなく地方自治体や、企業、学校と行った様々な場所で働くことができる仕事になっているのです。

 

その中の一つとして感染症や難病対策の行政保健師という仕事があります。これはその名の通り感染症や難病などを対策するための保健師です。感染症などが起こってしまったときにどのようにして感染症を食い止めるのかということや難病にかかってしまった人たちのケアなどを行うなど様々な仕事内容があるのが行政保健師の仕事になっています。行政保健師というのは保健師の中でもかなりの知識が必要な仕事というのが特徴になっています。感染症や難病というのは一つや二つではありません。

 

数ある感染症や難病を把握してそれにあった対策やケアなどを行わなければならないというのがこの感染症や難病対策の保健師の仕事になってくるのです。 この仕事はほかの保健師と比べるとかなり、知識が必要になってくるため大変ですが、その分待遇などはほかの保健師と比べて格段にいいです。なので、保健師の中でもこういった行政保健師を目指しているという人は多いのです。

 

では行政保健師の仕事選びというのはどのように行えばいいのでしょうか?行政保健師の仕事選びは一般と変わらずハローワークなどで探すことが多いですが、最近ではインターネットを使って職場選びをするという人も増えています。インターネットには保健師求人サイトと呼ばれるものがあり、こういったサイトを使えば自分にあった求人情報を簡単に調べることができるのです。

 

自宅に居ながらでも簡単に求人情報を調べることができるので手軽に保健師の求人を探したいと思っている人はこういった方法もおすすめです。行政保健師というのは大変な仕事ですが。その分やりがいや待遇はとてもいいものです。ぜひこの行政保健師を目指してみてください。

保健師求人サイト人気ランキング