学校保健師として転職するには?

学校保健師として転職するには?

Q.学校保健師として転職するには?
A.擁護教諭の資格を取得する

保健室の先生に憧れる保健師は多いです。自分が学生の頃、憧れる保健の先生がいただとか、将来のアドバイスをもらっただとか、色々な形で影響を受けている人が意外に多いです。その保健室の先生、どうやったらなれるのでしょうか?

その1、養護教諭2種の資格を申請して公立の学校に入る

公立の小中学校、あるいは高校の保健室で保健の先生になるためには、擁護教諭の資格が必要になります。保健師の資格を持っているあなたなら、擁護教諭2種の免許を申請するだけで取得できます。体育、日本国憲法、情報処理など、特定の4科目を学生時代に取得している条件がつきますが、今すぐ資格取得できる可能性は高いので、確認して下さい。もちろん、養護教諭2種よりも1種を持っていたほうが就職には有利です。しかし、2種でも採用された保健師はたくさんいるので、チャレンジして見て下さい。後は、擁護教諭の空きを待つだけです。

その2、私立の学校が募集する学校保健師を目指す

公立学校の保健室の先生は公務員なので、教員免許(養護教諭)が必要になります。しかし、私立の学校になると、養護教諭の資格がなくても学校保健師として採用してくれるケースがあります。学校独自に人事権を持っているので、学校の保健室に保健師を常駐させるべく、募集を掛けてくるのです。私立の高校、大学も含めて、色々な学校からの募集があります。中には、インターナショナルスクールの保健室に勤務するような求人もあります。それほど募集は多くはないですが、擁護教諭の資格をすぐに取得出来ないあなたは、私立の学校を狙ってみると良いです。

私立学校の学校保健師求人は、ナースステーションや民間の転職支援サイトで

保健師の求人も看護師向けの求人サイトに集まってきます。例えば日本看護協会が運営するナースステーションや、民間の会社が運営する転職支援サイトに色々と求人が集まっています。とは言え、私立学校の求人であってもまれにしか募集が掛からないので、転職支援サイトのスタッフなどにお願いして、自分の代わりにチェックし続けてもらいましょう。募集が掛かった時に教えてもらえるような体制を作っておけば安心です。ナースステーションも民間の転職支援サイトも利用料、登録料などは永遠に無料なので、積極的に使って下さい。

保健師求人サイト人気ランキング